利用規約 | shugo-sake.media

利用規約

利用規約   第1条(本規約について) この利用規約(以下「本規約」 )は、アクア株式会社(以下「当社」)およびINCLUSIVE株式会社(以下「運営会社」 )が本サイト(https://shugo-sake.shop/)を通じて提供するサービス(以下「本サービス」 )のご利用について定めたものです。   第2条(適用) 1. 本サービスは、酒類の購入および飲酒が法的に許される成人(20歳以上)を対象としております。 2. 本規約は、本サービスの利用に関する一切の関係に適用されます。 3. 本規約の適用について、本サービス上でのコンテンツの提供については当社が、「SAKE CABINET」の販売については運営会社が、ユーザーに対し、それぞれ独立して本規約に定める権利を有し、義務を負うものとします。 4.ユーザーは本サービスを利用した場合、本規約に同意したものとみなされます。 5.当社および運営会社は本サービスに関し、本規約のほか利用にあたってのルール等、各種の定め(以下、「個別規程」)をすることがあります。これら個別規程はその名称のいかんに関わらず、本規約の一部を構成するものとします。 6.本規約の規定が個別規程の規定と矛盾する場合には、個別規程において特段の定めがない限り、個別規程の規定が優先されるものとします。 7.ユーザーは、本サービスを利用するにあたって、当社および運営会社以外の第三者が提供するサービスを併せて使用する場合には、本規約以外に当該第三者の規約等が適用される場合があります。   第3条(本サービスの内容) 1.本サービスとは、次の各号のサービスをいいます。 (1)「SAKE CABINET」の紹介および販売 (2)「SHUGOアプリ」の紹介 (3)記事、広告等の配信 (4)その他、上記に関連し当社および運営会社が必要と考えるサービス 2.ユーザーへの「SAKE CABINET」の販売に関しては、運営会社がユーザーとの間の個別の売買契約により実施されるものとし、当社は販売に一切関与しません。   第4条(「SAKE CABINET」の購入について) 1.「SAKE CABINET」の購入を希望する個人(以下「購入希望者」)は、本規約を順守することに同意し、かつ運営会社の定める一定の情報(以下「ユーザー情報」)を運営会社の定める方法で運営会社に提供することにより、運営会社に対し、「SAKE CABINET」の購入を申し込むこと(以下「申込」)ができます。申込は、必ず登録希望者本人が行わなければならず、また、購入希望者は、ユーザー情報に関し、運営会社に対して正確な情報を提供しなければなりません。 2.運営会社は、運営会社の基準に従って、前項に基づく申込を行った購入希望者情報を判断し、運営会社が購入を認める場合には商品の支払情報を登録申請者に送信します。購入希望者が当該メールを受領しメールに従った支払いがなされ、運営会社が着金の確認をしたメールをユーザーに返信した時点で取引が成立するものとします。 3.本サービスによる商品の配達は、日本国内に限ります。 4.運営会社は、購入希望者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、購入を拒否する事があり、またその理由について購入希望者に対する一切の開示義務を負いません。 (1)運営会社に提供したユーザー情報の全部または一部につき虚偽、誤りまたは記載漏れがあった場合 (2)未成年者である場合 (3)暴力団、暴力団員、右翼団体、犯罪集団、その他の反社会的勢力またはこれに準ずる者(以下「反社会的勢力等」)である場合または労務提供、資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力、関与する等、反社会的勢力等との社会的に非難させるべき関係を有していると運営会社が判断した場合 (4)ユーザーからの代金支払が確認できない場合 (5)当社による本サービスの提供を妨害し、またはこれらに支障をきたす行為を行った場合またはそのおそれがあると当社および運営会社が判断した場合 (6)商品の配達に問題があり運営会社もしくはまたは運営会社から委託を受けた配達業者がユーザーに連絡しても5営業日以内にユーザーと連絡が取れない場合 (7)宛先不明、長期不在など引き渡しが完了できない状況の場合 (8)その他、特に運営会社がご注文のキャンセル(または売買契約解除)の必要を認めた場合 (9)第11条(禁止行為)に定める措置を受けたことがある場合 (10)過去に本規約に違反した者またはその関係者であると運営会社が判断した場合 (11)その他、当社および運営会社が適当でないと判断した場合 5.前項に該当するキャンセルが発生し、当社または運営会社に対し損害損失が発生する場合には、ユーザーは商品の購入代金及び配達料の合計を上限に、その損失を賠償する事ことに同意します。また、購入希望者による申込に対し、運営会社がその購入を拒否したことによって登録申請者に生じた損害について、運営会社の故意または重過失による場合を除き、運営会社は一切の責任を負いません。 第5条(「SAKE CABINET」購入代金の支払い) 1.「SAKE CABINET」購入に関する金銭の支払いについては、運営会社が指定する銀行口座への振込み(手数料はユーザー負担とします)または運営会社が別途認める支払方法に限るものとします。 2.「SAKE CABINET」の購入にあたっての支払金額は、消費税等を含む商品の購入代金および配送料、リサイクル代金ならびに収集運搬料金(適用がある場合)の合計です。 第6条(「SAKE CABINET」の配達) 運営会社は、「SAKE CABINET」購入の際にユーザーに指定された配達先に商品配達することにより引渡債務を履行したものとします。ユーザー情報の誤りや更新漏れによりユーザーに生じた損害、損失、不利益等については、運営会社の故意または重過失による場合を除き、運営会社は一切の責任を負いません。 第7条(「SAKE CABINET」の返品・交換) 1.運営会社は、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合を除き、商品の返品または交換を受け付けないものとします。 (1)商品に瑕疵があった場合 (2)誤配達に起因し、注文内容と異なる商品が到着した場合 (3)商品が配達中に破損した場合 2.前項の場合、ユーザーは、引渡しから14日以内に検品を行い、運営会社が定める手順に従い商品の返品または交換を希望する旨を運営会社に連絡し、商品を運営会社または運営会社が指定する送付先に返送するものとします。返送にかかる費用は運営会社が負担し、代品に交換するか、代品が欠品等の理由により交換できない場合には運営会社は代金をユーザーに返金するものとします。 3.ユーザーが第1項に該当しない事由で商品を返送した場合であっても、運営会社は返品を受け付けしないものとします。この場合、運営会社は遅滞なくユーザーに対して、運営会社が指定する期間内に商品の受け取りをするよう連絡するものとします。 4.「SAKE CABINET」の製品保証内容は、メーカーによる保証に準じた内容となります。 5.運営会社は、前項に基づく指定期間内にユーザーから連絡がない場合、当該商品を廃棄することができ、これによりユーザーに生じた損害について、運営会社の故意または重過失による場合を除き、運営会社は一切の責任を負いません。 第8条(個人情報保護) 当社および運営会社は、本サービスを通じて取得したユーザー情報を以下のリンク先に掲載される当社および運営会社のプライバシーポリシーに基づき適切に取り扱います。 ■当社のプライバシーポリシー http://aqua-has.com/privacy/ ■運営会社のプライバシーポリシー https://www.inclusive.co.jp/privacypolicy 第9条(業務の委託) 当社および運営会社は、本サービスに係る業務の全部または一部を第三者に委託することができます。 第10条(権利帰属等) 1.本サービスを構成するプログラム等に係る著作権、商標権等すべての知的財産権は、当社もしくは運営会社または当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に基づく本サービスの利用許諾は、本サービスに関する知的財産権について当社もしくは運営会社または当社もしくは運営会社にライセンスを許諾している者による使用許諾を意味するものではありません。 2.本サービスは、ユーザー本人が個人として使用する目的でのみ利用することができるものとし、すべてのコンテンツの無断転載をお断りします。 3.前二項の規定に違反して著作権等の知的財産権に関する問題が生じた場合、ユーザーは自己の費用と責任において、その問題を解決するとともに、当社および運営会社に対して何らの迷惑または損害等を与えてはなりません。   第11条(禁止行為) 1.ユーザーは次の各号に該当する行為を行ってはならず、ユーザーが次の各号に該当する行為を行った場合、当社および運営会社は、ユーザーに事前通知することなくユーザーへの本サービスの提供を停止します。 (1)他のユーザー、第三者または当社もしくは運営会社の著作権を侵害する行為(本サービスを複製、修正、変更、改変または翻案する行為を含みます) (2)本サービスを構成するプログラム(オブジェクトコード、ソースコード等全てを含みます)を複製しまたは第三者に開示する行為 (3)なりすましまたは意図的に虚偽の注文を送信する行為 (4)商品購入の意図なく商品の購入を申し込む行為 (5)購入した商品の受領を拒否する行為 (6)本規約で禁止された返品行為 (7)本サービスの運営を妨げる行為またはその恐れのある行為 (8)本サービスの内容を本サービス利用以外の目的に使用する行為 (9)他のユーザー、第三者または当社および運営会社に損害、不利益を与える行為またはその恐れのある行為 (10)不正アクセス行為 (11)公序良俗に反する行為、法令に違反する行為またはその恐れのある行為 (12)本規約に違反する行為 (13)その他、当社および運営会社が不適当と判断する行為 2.ユーザーの前項各号に該当する行為により、他のユーザー、第三者または当社もしくは運営会社に損害が生じた場合、当社および運営会社は当該損害の賠償を請求することがあります。 3.ユーザーが本サービスを利用できなくなり、これにより当該ユーザーまたは第三者に損害が発生したとしても、当社および運営会社の故意または重過失による場合を除き、当社および運営会社は一切の責任を負いません。   第12条(サービスの提供の停止等) 1.当社および運営会社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。 (1)本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合 (2)天災地変、戦争、テロ、暴動、法令・規則の制定改廃、政府機関の介入または命令、伝染病、停電、通信回線やコンピュータ等の障害・事故・システムメンテナンス等による中断・遅滞・中止・データの消失、データの不正アクセス、輸送機関の事故、労働争議、設備の事故等の不可抗力等により、本サービスの提供が困難となった場合 (3)ユーザーのユーザー情報に虚偽の事実が認められた場合 (4)ユーザーが未成年者であることが発覚した場合 (5)その他、当社および運営会社が本サービスの提供が困難と判断した場合 2.当社および運営会社は、本サービスの提供の停止または中断により、ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害についても、当社および運営会社の故意または重過失による場合を除き、一切の責任を負わないものとします。   第13条(免責) 1.当社および運営会社は、以下の事項に関し、当社および運営会社の故意または重過失による場合を除き、その一切の責任を問いません。 (1)ユーザーが本サービスを利用することにより、他のユーザーまたは第三者に対して損害を与えた場合 (2)ユーザーが本サービスを利用できなかった場合、または本サービスの利用に関し、当社および運営会社に責のない事由により損害を被った場合 2.当社および運営会社は、本サービスの内容およびユーザーが本サービスを通じて知り得る情報について、その完全性、正確性、確実性、有用性等に関して、いかなる責任も負いません。 3.本サービスに掲載されている情報、画像およびリンク等を利用することにより、ユーザーの機器等に損害が生じた場合、また、ウィルス感染した場合等について、当社および運営会社はいかなる責任も負いません。 4.本規約に基づき当社または運営会社が損賠賠償責任を負う場合であっても、間接損害、特別損害、付随損害その他の通常かつ直接の損害以外の一切の損害について当社および運営会社は賠償の責任を負わないものとします。 第14条(サービスの内容の変更および終了) 当社および運営会社は、ユーザーに通知することなく、本サービスの内容を追加、変更もしくは削除しまたは本サービスの提供を停止もしくは中断することができるものとし、これによってユーザーに生じた損害について当社および運営会社の故意または重過失による場合を除いて一切の責任を負いません。   第15条(利用規約の変更) 当社および運営会社は、ユーザーの一般の利益に適合する場合または変更を必要とする相当の事由があると当社が判断した場合には、当社および運営会社の裁量により本規約を変更することができるものとします。なお、当社および運営会社が本契約を変更する場合は、ユーザーに対し、当該変更内容を通知します。ユーザーは、かかる変更に同意できない場合は、本サービスの利用を停止するものとします。変更の通知後にユーザーが本サービスを利用した場合には、ユーザーは、本契約の変更に同意したものとみなされます。   第16条(分離可能性) 本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法、個人情報の保護に関する法律その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定および一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。当社および運営会社ならびにユーザーは、当該無効もしくは執行不能と判断された条項またはその一部を適法とし、執行力を持たせるために必要な範囲で修正し、当該無効もしくは執行不能な条項またはその一部の趣旨ならびに法律的および経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。   第17条(言語) 本規約は、日本語を正文とします。本規約につき、参考のために英語その他の言語による翻訳文が作成された場合でも、日本語の正文のみが本規約としての効力を有し、翻訳文はいかなる法的効力も有しないものとします。   第18条(完全合意) 本規約は、本規約に含まれる事項に関する本規約の当事者間の完全な合意を形成し、口頭または書面を問わず、本規約に含まれる事項に関する当該当事者間の事前の合意、表明および了解に優先するものとします。   第19条(準拠法) 本規約は日本法を準拠法とし、日本法に従って解釈されます。   第20条(専属的合意管轄裁判所) 本規約、本サービスの利用に際して、当社および運営会社とユーザーの間に紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。