なかなか聞けないお酒の基本①:吟醸、純米、本醸造?何で呼び方が変わるの?? | shugo-sake.media

なかなか聞けないお酒の基本①:吟醸、純米、本醸造?何で呼び方が変わるの??

 日本酒には「吟醸酒」「純米酒」「本醸造酒」など、特定名称酒といわれる独特の分類があります。 日本酒についてよく耳にする言葉でもありますが、その違いは何だかご存知ですか?
そこで今回は日本酒をより楽しむために知っておきたいカテゴリーの違いやそれぞれの味の特徴についてご紹介します。

日本酒のカテゴリーは原材料と、精米歩合(米の削り具合)によって呼び名や味の変化が生まれます。一定の要件を満たした日本酒は大きく分けて「吟醸酒」「純米酒」「本醸造酒」の3つに分かれ、更に特定の条件の掛け合わせで複数種類に分類されるもので、味や香りにも違いが生じます。

 まず「吟醸酒」は米、米こうじのみ(純米吟醸)、もしくはこれらと醸造アルコールを原料としているもので、精米歩合は60%以下です(つまり、4割以上米を磨くという事です)。米を磨いて低温でじっくり醸造する、吟醸造りといわれる製造方法をしたお酒のことを指します。吟醸造りは低温でじっくり発酵させるプロセスで、原料となる米の処理、酵母の開発から醸造時の温度管理まで、高度な技術が必要とされています。吟醸酒よりもさらに米を磨き、同じ製法で醸造されるお酒を「大吟醸」と言い、精米歩合は50%以下と定められています。

 吟醸酒の最大の特徴は吟醸香と呼ばれる香りと味わいのバランスです。一般的には、香りが特徴的なお酒は、温めすぎると香を損なうと言われる事が多く、冷酒として楽しむことが多いと言われています。

「本醸造酒」は米、米こうじ、醸造アルコールを原料としているもので、精米歩合は70%以下です。少量のアルコールを適度に加えることで味を整え醸造されたお酒です。醸造アルコールというと、添加物が入っている様でよくない印象を受ける方もいらっしゃるかもしれませんが、このアルコールは植物を原料とした雑味のない蒸留酒で化学的に生成されたものではなく、かつ本醸造酒では一定の使用量以下と制限されています。

 お米の香りを引き立てる効果や、辛口に仕上げ飲み飽きないお酒を作るために活用されていますので、醸造アルコールの使い方も蔵元の特徴の一つとして楽しんでみてはいかがでしょうか。また、本醸造の中でも精米歩合が60%以下のもの、または特別な醸造方法を用いてつくられたお酒を「特別本醸造」と言います。本醸造酒は、冷やしても温めても楽しめると言われることが多く、飲み飽きない味が特徴であることから日常酒や食中酒として楽しむことが出来るお酒とも言えるでしょう。

 「純米酒」の原料は米と米こうじで、文字通り米だけで作られたお酒のことを指します。この中でも精米歩合が60%以下で吟醸造りで醸造されたものを「純米吟醸酒」、精米度合が50%以下で吟醸造りで醸造されたものは「純米大吟醸酒」と呼ばれています。また、「特別純米酒」と呼ばれる純米酒もあり、精米歩合が60%以下、もしくは特別な製造方法を用い造られたお酒のことを指し、特別な製造方法により特別純米酒とされる場合には、特別な製法について説明・表示する義務が設けられています。蔵元のこだわりが見える事でもあるので、特別純米酒を選ぶときにはその蔵元がどんなこだわりを持ってそのお酒を醸造したのかを見ると、お酒の楽しみ方も膨らむかもしれませんね。

 「純米酒」は米と米こうじだけで造っているがゆえに、ふくよかな旨味のある酒が多くあります。味がしっかりしているので、お燗、冷やだけでなく、オンザロック、お湯割りなど、普段日本酒では試さない楽しみ方もできるお酒でもあります。また、精米歩合が高いものは、それぞれの米特有の、良い意味での“雑味”が多い為、ふくよかさの中に米の特徴がしっかり出るものも多いです。これらのお酒はお米の独自性を楽しむのに適したお酒という見方も出来ます。

 一言で「日本酒」と言えども、その原料や造り方で味や色味、香りの幅が大きく異なります。食事と一緒に、毎日飲みたい、お酒だけで楽しむ、等、楽しみ方や状況をにあわせて日本酒を楽しんでください!

 

 


日本酒の楽しみ方が広がる!マイナス5℃管理が出来る、日本酒好き待望の日本酒セラーはこちらから。

SAKE CABINETと連動した徹底的な温度管理。季節のお酒やレアなお酒が楽しめる日本酒アプリはこちらから。